プロジェクト紹介

若者から「パレスチナ」のイメージを変えたい!インタビューのための情報整理にチャレンジ!

情報発信トライアル
架け箸
国際 / 広報・情報発信
灘区

プロジェクトの概要

「架け箸」は中東「パレスチナ」にポジティブなイメージを持ってもらいたいという思いから「情報発信」「イベント開催」「フェアトレード商品開発」の3つの方法で活動を進めています。

2020年2月から「架け箸」として活動を開始しましたが、ことのはじまりは代表の高橋さんが高校の時に感じた「パレスチナ問題」がいまだに解決されない驚きの気持ちから。その後、神戸の大学に通い始め、ホームステイ、卒業論文の研究などを通じて何度もパレスチナに訪れ、現地で出会った人たちとともに、紛争や暴力などのネガティブなイメージを変えていくことへの意識が芽生えていきました。その後、在学中から自身の経験を発信したり、パレスチナの文化を知るといったイベントや現地の人と交流したりするイベントを開催しました。

現在はパレスチナの刺繍やパレスチナが原産地であるオリーブの木を使ったフェアトレード商品の開発を目指すなど、単に利益を上げるだけではなく、日本に暮らす人たちがパレスチナのことをポジティブに思えるきっかけづくりに日々取り組んでいます。

しかし、現在は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、予定していたイベントはオンライン開催へ変更したり、フェアトレード商品の開発も現地の生産ラインが止まっていたりと試行錯誤が続いています。オンラインイベントでは、高橋さんがパレスチナの現地で出会い、経験した出来事の紹介や、在日パレスチナの方との交流会を実施しています。また、SNSでは現地の文化を伝える40ほどの記事を執筆しています。近いうちに「旅行好き層」に向けてパレスチナで撮った写真や「美食」「癒し」といった観光情報の発信をする準備をしています。

イベントなどの情報発信をより幅広い層に伝えていきたいと思うものの、現状はフェアトレードを行っている事業者や国際協力関係の仕事をしている方など既に関心の高い層が参加者の中心となっています。

今回のプロジェクトの目的は、まだパレスチナのことを知らない、あるいは関心の低い層へどのようにすれば架け箸の発信する情報が届くのか、その手掛かりを知ることです。彼らにとってのパレスチナが、一体どのようなものなのかを知るために、プロジェクト期間中に国際協力や外国語、ソーシャルビジネスなどに関心のある大学生を対象にグループインタビューを実施する予定です。そのグループインタビューを通じて、パレスチナに関してポジティブなイメージを持ってもらうためには、彼ら彼女たちが何を発見することを目的にするのがよいのかという、ニーズの把握と既存の提供可能なコンテンツや新規コンテンツの検討を行っています。さらにそのためにどんな質問を用意すればよいのかなど、インタビュー実施前の段階からニーズと目標設定、提供できるコンテンツの整理など一緒に検討します。その一連の流れを通じて、架け箸が発信する既存の情報やコンテンツをどのような形で改善すればよいか一緒に考えてくれるメンバーを募集します。

※団体とのミーティングは三宮〜大阪間となる予定です。

成果物のイメージ

・対象者へのニーズと提供コンテンツの整合性を整えていくためのグループインタビューにおける質問項目(ワード、パワーポイントなど)の作成

・ヒアリング(情報収集)ののちSNSなどで発信する情報・イベントのコンテンツなどをどのような形で改善すればよいかの提案資料作成

※ヒアリング・インタビューは架け箸が行いますが同席は可能です

こんな経験をお持ちの方はぜひ

・インタビューやヒアリングが得意、好きな方
・情報収集、情報整理などの仕事経験がある方
・マーケティングなどの仕事経験やご関心がある方
・質的調査や面接・面談に関する仕事経験やご関心がある方
・上記ご経験のない方でも参加大歓迎です

団体基本情報
団体名架け箸
代表者名高橋 智恵
所在地 兵庫県川西市東畦野3-14-3
ホームページhttps://note.com/kakehashi_pale