プロジェクト紹介

嚥下障害を未然に防ぐトレーニング法を知ってもらうための広報戦略立案にチャレンジ!

情報発信トライアル
一般社団法人 嚥下トレーニング協会
高齢者 / 健康
中央区

プロジェクトの概要

※本プロジェクトは、オンラインミーティングを中心としたプロジェクトです。

食べ物を飲み込むことを「嚥下(えんげ)」といい、食べ物をうまく飲み込むことができない病気を「嚥下障害」といいます。嚥下機能は加齢により低下するため、高齢化先進国の日本では嚥下障害患者数が年々増え続けています。嚥下障害になると、食事が取りづらくなるだけでなく、食べ物がのどに詰まって窒息する危険や誤嚥(ごえん)性肺炎という命にかかわる問題が起きやすくなります。

耳鼻咽喉科専門医の浦長瀬さんは、多くの嚥下障害患者を診てきたことから、病気になってから機能を回復させるためにリハビリを行うのではなく、健康なうちに病気を未然に防ぐことが大切であると、のどのトレーニング方法を考案し、広くこのトレーニング方法を普及するために嚥下トレーニング協会(以降 協会)を立ち上げました。
団体の活動は、主に以下の4点です。

(1)指導法の確立と評価
のど上げ体操など、加齢による嚥下機能の低下を予防するための指導法の確立

(2)認定講師の養成
嚥下・発声についての専門知識をもった講師の育成

(3)教室・医療機関など、指導の場づくり
認定講師が行う教室・医療機関の普及

(4)広報・学会発表
講演会、メディア、学会発表などを通じて、活動内容を周知する

具体的には、協会が認定講師を養成し、認定講師が受講者へトレーニング法を教えることで、トレーニング法を広めています。
認定講師は、現在全国に51名おり、職業は歯科医師、フィットネスクラブのインストラクター、ボイストレーナーなどで、カルチャーセンターや地域の会議室を借りて受講者にトレーニング法を教えています。受講者は、健康な60〜70代の方が中心です。

これまでこの方法で、順調に活動を続けていましたが、新型コロナウイルスの流行により、従来の対面でのトレーニングを行うことが難しくなっています。対象者である高齢者が外出を控えるようになっていることに加え、トレーニングでは声出しを行うため、会議室自体の利用ができないというハードルもあるからです。

協会が主催する認定講師の養成講座は、オンライン講座に切り替えることで継続的に活動できていますが、認定講師が受講者へオンライン講座を展開するには、オンラインで教えるノウハウやコンテンツの用意があっても、受講者が高齢者のためオンライン開催自体にハードルがあり、活動がほぼ止まっている状況です。

認定講師の中には既存受講者に対して、オンライン勉強会を開催し、オンラインに慣れてもらってからトレーニングの受講を再開するといった対応を取る方もいます。しかし新規の受講者は、今後どのように広報をしていけばよいか課題に感じています。オンライン講座をいきなり宣伝してもオンライン自体にハードルを感じる人が多いのではないか、またこれまで開催してきたカルチャーセンターは受講者にとって、会場が行き慣れた場所、信頼のある場所で心理的ハードルが下がっていたのではないかとも感じています。

新型コロナウイルスの収束には、しばらく時間が掛かることが予測されています。この状況が続くことで、高齢者があらゆる生活機能を使う機会が減少し、機能が衰えてしまった結果、介護者が増える可能性があります。協会は、この状況になんとか先手を打つことができないかと考えています。

新しい広報先として、健康な高齢者の集まる施設や居場所づくりをしているような団体との連携など、受講者と協会の間を結ぶ施設や団体へ、この取り組みを知ってもらう方法を考えていますが、現在そのようなネットワークを持っていないことや、そもそもこの方法が良いのか、もっと良い方法があるのかリサーチできていない状況です。

そこで、今回のブリッジチャレンジでは、ターゲットを神戸市内に限定し、ターゲットとなる対象者は誰か、その対象者に新しい生活様式の中で、どのように接点を持ち、嚥下トレーニングを知ってもらうか検討します。事例調査や認定講師、既存の受講者へのヒアリングなどを通して、嚥下トレーニング協会にマッチした広報戦略を考えます。

成果物のイメージ

・ターゲット選定、ターゲットに出会うための手段の検討、訴求方法が書かれた提案資料(PowerPointやWordなどで作成)

こんな経験をお持ちの方はぜひ

・マーケティングや広報経験がある方
・人に何かを伝える仕事経験がある方
・人の話を聞き、情報整理することが得意な方
・上記ご経験のない方でも参加大歓迎です

団体基本情報
団体名一般社団法人 嚥下トレーニング協会
代表者名浦長瀬 昌宏
所在地 兵庫県神戸市中央区
ホームページhttp://www.enge.or.jp/