プロジェクト紹介

子どもたちの笑顔のために!「おいしい防災塾」の活動を広げるための資料充実にチャレンジ!

情報発信トライアル
一般社団法人 おいしい防災塾
子ども / 災害救援 / 防災
垂水区

プロジェクトの概要

一般社団法人おいしい防災塾は、阪神・淡路大震災で経験したことをきっかけに、ビジョンとしてどんな時も子どもたちの笑顔のために!を掲げ、各地でお菓子のバッグづくりでたのしく学ぶ「おいしい防災塾」を展開しています。

体験型ワーク(防災お菓子ポシェットづくり)と講話で、子どもや親子を中心に3,730人の受講(2017年度データ)がありました。運営は神戸市の本部、尼崎市、北九州市の支部を含めた3拠点で、「おいしい防災塾」はキャンディーアンバサダー(運営ボランティア)によって行われました。

現在年間で約50回の塾開催をしていますが、今後、本部で50回、各支部で50回の開催を目指していきます。活動を広げるためには理解者を増やすことははもちろん、事務局機能の強化、キャンディアンバサダーの育成、参加費無料の開催を実現するための資金の充実が課題となっています。

ブリッジチャレンジでは、現在対外的に用意している活動概要資料を参考にしながら、活動の協力者を増やすために必要な資料の整備に取り組みます。

【成果物のイメージ】

活動概要資料のアップデート(企業向けの視点をもたせたい)
その他、必要資料の情報整理(キャンディアンバサダー募集についてなど)

【こんな経験をお持ちの方は是非】

営業および、営業資料作成経験がある方
情報整理が得意な方
PowerPointやWordを使った資料づくりが得意な方

*上記ご経験のない方でも参加大歓迎です

【プロジェクト期間】

6/8(土) キックオフ事前ミーティング
7/6(土) 中間提案
8/3(土) 最終提案
団体基本情報
団体名一般社団法人 おいしい防災塾
活動開始時期 2017/平成29年4月
代表者名西谷真弓
所在地〒655-0883 兵庫県神戸市垂水区王居殿3−6−5
ホームページhttps://oishi-bosai.com/

プロジェクトの進捗

進捗率54%
最新の進捗を見る
2019.06.08

キックオフ事前ミーティングを行いました!!

春から始まるプロジェクトの中で「唯一」のキーワードがつくのは、おいしい防災塾チーム。ソーシャルブリッジとしては初めて、同じ企業、同じ部署のメンバーで構成される企業チームの参加となりました。

企業内のシステムを支える同部署という共通項はありつつも、普段の仕事はメンバーそれぞれで、日常的な接点はあまりないんです・・・というメンバーが今日はスーツを脱いで、プライベートなボランティア活動として大集合です。

午前の事前オリエンテーションが終わった後は、おいしい防災塾 代表の西谷さんとコアメンバーがふたば学舎までお越しくださり、子どもの笑顔の元であり、災害時の一時的な非常食にもなる「お菓子のポシェット」作りのワークショップを、メンバー、メンバーのご家族もまじって実際に体験する機会を作って下さいました。

テープやセロファンを切ったり貼ったり、お菓子を包んだり、メンバーみんなが童心に帰りながら、時折、笑顔も溢れながらワークショップを純粋に楽しみつつ、西谷さんが活動を始められた思いや、今回のプロジェクトを進める上でメンバーが確認したい質問事項などについても交換する、充実のスタートになりました。

2019.06.08
活動現場見学・体験など現状把握を実施しました。
2019.06.24

キックオフミーティングを実施しました!!

6月のポシェット作成のワークショップに続いて、改めてキックオフミーティングを開催しました。おいしい防災塾の西谷さん・天谷さんとお話し、チームから事前に提出した質問を基に目的や取り組みのすり合わせ、困っている点やこれまでの成功や失敗の経験、更にはこの先考えているもうすこし大きな目標まで語って頂いてよいキックオフになりました。

2019.07.06

中間提案を実施しました!

今日の中間提案では、

  • キックオフで確認した団体の現状と目標のおさらい
  • イーライリリーチームのネットワークから、CSR担当者から得られたおいしい防災塾についての示唆の共有
  • 各メンバーで分担して集めた各企業の防災に関連する社会貢献活動の取組み事例
  • 全国の類似団体の調査
  • リサーチから得られた情報と比較して得られたチームから見た団体の強み、弱み

などをおいしい防災塾の皆さんに報告しました。

また、成果物である企業向け資料の充実に向けて、チームが立てた目次や構成案に沿って、おいしい防災塾の特長として絶対に外せないキーワードを精査したり、企業の中でもどんなターゲットにおいしい防災塾のどんな強みを訴求ができるのかを団体の3名の皆様とディスカッションしたりしました。

1時間ほどの間に、
「なるほどー、こういうニーズの人たちにはこんな提案ができるかも」
「おいしい防災塾に取り組むことによってこんな人達にこんな変化が生まれている、こんなことを感謝される」
など、チームからの繰り返しの問いかけ、投げかけられるアイディアの切り口に刺激を受けて、おいしい防災塾の皆さんの頭の中にあった<企業向け>という大括りの対象がどんどんどんどん具体的に、そして、明確になっていきました。

阪神・淡路大震災を経験したママ達から始まった、楽しく学ぶ防災を切り口に、地域の多世代、異世代の繋がり作り、地域を一つにするおいしい防災塾が持つ様々な可能性に心が弾む中間提案になりました。

「いやー、本当に嬉しい!」
中間提案記念の写真撮影の代表の一言に今日の充実感があふれていました。
お疲れ様です。残り1ヶ月、よろしくお願いします。