プロジェクト紹介

持続的な地域活動へ。担い手募集に向けた自治会長業務の見える化にチャレンジ!

業務改善トライアル
北青木自治会
若者世代の地域参加 / 防災
東灘区

プロジェクトの概要

東灘地区の北青木自治会は650世帯で構成され、自治会長の藤原さんによると回覧を回せば、99.9%は届く風通しの良い地域です。この地域の特徴は「多子高齢化」。阪神・淡路大震災で建物が倒壊した場所へ次々とマンションが建設されたことで若年層が転入し、子どもが増えました。

そうした変化に伴い、自治会・町会でも世代の違う住民同士の交流会を大切にされています。初夏に行われる伝統行事、だんじり祭りの伝統が残っており、子ども時代に夢中になって、だんじり祭を経験した層がまた地域に戻ってくると言います。

藤原さんは、13年前に前任者から会長職を引継ぎました。引き継いだ際に、自治会長の役割だけでなく、その他地域団体の複数の仕事を同時に担っています。

例えばだんじりの神輿等地域の資産を管理する西青木財産区管理会の副会長、青木地区のまちづくり協議会長、福池小学校区防災福祉コミュニティの副会長、北青木自治会が所属する西青木連合自治会の会長等です。

現在の課題は地域活動を継続的なものとするため、後継者を探すことです。また、業務を引継いでいくための準備も進めていきたいと考えていますが、ファイルだけで50〜60冊もあり、十分な整理もまさにこれからという状況です。

そこで、今回のブリッジチャレンジでは、「会長の世代交代」をスムーズに進められるよう、会長の藤原さんへのインタビューや既存資料から見えてくる会長業務の棚卸しを試みます。

また、業務の見える化を経て、どのような役割分担や体制を整えることでより継続的な地域づくりへの活動が可能となるか外部の視点からの気づきをまとめます。

北青木自治会に限らず、全国の自治会にも共通して見られる、自治会役員の高齢化、限られた人への役割の集中化、固定化の課題に切り込むチャレンジです。

【成果物のイメージ】

北青木自治会長業務の業務リスト作成
役員の固定化・高齢化の体制変更のための改善提案書

【こんな経験をお持ちの方はぜひ】

情報整理が得意な方
仕事の見える化・仕組み化・業務効率化が得意な方
人から話を聞き出すのが上手な方
聞いたことを文字にまとめて記録することができる方

*上記ご経験のない方でも参加大歓迎です
団体基本情報
団体名北青木自治会
代表者名藤原 敞之
所在地〒658-0014 兵庫県神戸市東灘区北青木4丁目6−32