プロジェクト紹介

生きづらさを抱える子どもたちを支援する、ボランティア募集の改善にチャレンジ!

情報発信トライアル
NPO法人ホザナ・ハウス
子ども / 居場所づくり
灘区

プロジェクトの概要

2010年に『J.J.W.M.神戸弟子教会』の有志が集い、少年院などからの退院者の自立支援のために設立しました。公的支援制度の空白部分でさまよう少年達に寄り添い、社会的擁護を受けることができない少年達に居場所や食事を提供すること、また愛をもって少年達の傷を癒し、自立を促すことを使命とし、以下の事業を推進しています。

1)ホザナ・ハウス ガールズシェルター
15〜20歳までの女子を対象。家庭で虐待を受け、行き場をなくし、不安定な暮らしを余儀なくされている子どもたちに居場所を提供し、再び事件に巻き込まれることを未然に防ぐためのシェルターに特化しています。

2)カリス・ホーム
義務教育終了後15〜20歳までの家庭がない児童や、家族にいることができない児童が入所して、自立を目指す家です。児童自立生活援助事業。(児童福祉法第6条の3第1項および33条の6に位置づけられている)

3)ホザナ・ルーム
児童発達支援・放課後等デイサービス

4)ホザナファクトリー
就労継続支援B型作業所

(1は事業収益がありません。2〜4は事業収益があり1の運営を補完していますが、1は赤字経営が続いています。)

少年院など退院者の多くは非行性の高い少年ですが、実はその養育環境は劣悪で、虐待等により、後天的な障害を負わされた社会的弱者であるとホザナ・ハウスでは考え、肉声、ニュースレター、ホームページで情報を発信しています。

将来的には行政の支援を受けられるようになることを望み、そのためには社会に広く理解されることが必要となりますが、加害者支援になる一面もあるため批判の声もあがり、このための啓発活動はスムーズでありません。

ホザナ・ハウスの直近の課題としては、10名のボランティアスタッフを集めることです。昨年12月から募集をすすめていますが、現時点で2名の参加で止まっています。

シェルター拠点が増えるなか、この募集は急務になるのですが、現時点で打開策を見つけられていません。ブリッジチャレンジでは、ボランティア募集の方法、ターゲット、発信内容、アプローチ方法などについて再考し、ボランティアスタッフ確保の実現を目指します。
またこの取り組みの中で、啓発方法についても考える機会をつくっていきます。

【成果物イメージ】

ボランティア募集に関する見直し、改善案の提案
付随するボランティア募集チラシの改善案の提案
(いずれもPowerPointやWordなどで提案資料を作成)

【こんな経験をお持ちの方は是非】

インタビューが得意な方、傾聴力がある方
チラシ作成経験がある方
マーケティング経験がある方
本質を伝え理解してもらうことに関心がある方

*上記ご経験のない方でも参加大歓迎です

【プロジェクト期間】

6/8(土) キックオフ事前ミーティング
7/6(土) 中間提案
8/3(土) 最終提案
団体基本情報
団体名NPO法人ホザナ・ハウス
活動開始時期 2010/平成22年
代表者名森 康彦
所在地 兵庫県神戸市灘区記田町5-6-20
ホームページhttp://hozana-house.com

プロジェクトの進捗

進捗率100%
最新の進捗を見る
2019.06.08

ブリッジチャレンジが始まりました!!

事前にメーリングリストで簡単に自己紹介は進めていたものの、実際に顔を合わせるのは初めてになります。

まずは、事務局からオリエンテーションを行い、自己紹介をしました。その後、プロジェクトについての打ち合わせです。

全体的なスケジュールをひき、プロジェクトの内容を精査し、仮説をつくり、団体さんにヒアリングするべき事項を丁寧に洗い出していきます。このやり取りが今日始まったチームとは思えないくらいにスムーズに行われていました。

2019.06.16

ホザナハウスにお伺いして、キックオフミーティングを行いました!

今回のプロジェクトはボランティア募集の改善にチャレンジすることです。そのためには、団体さんが取り組む社会課題やその背景、これまでの方法を検討することが欠かせません。

まずは代表の森さんから特に加害者を取り囲む社会課題を説明していただきました。その後、なぜボランティアが集まらなかったのかという要因分析から、今後の対策の方法などを議論しました。その中で、たんにボランティアだけではなく、活動そのものを発信する必要性も再確認できました。

今後は、ホザナハウスの関係者であるスタッフ、専門家、子どもたちにヒアリングできるかを調整していきます。

2019.06.23

チームミーティングを行いました!

キックオフミーティングを経て、ホザナハウスの理念、ビジョン、課題についてチームで議論しました。特に、外部のステークホルダーとの関わり方やスタッフとのコミュニケーションについて意見交換を行いました。

ミーティングを経て、一定の方向性(仮説)が固まってきたので、これからステークホルダーからのヒアリングやアイディアを精査する段階に入ります。

2019.07.13

ヒアリングを行いました!

ホザナハウスが運営するカリスホーム、ホザナカフェにてヒアリングを行いました。主な議題は、ホザナハウスでのボランティアの役割と。これまでの取り組みについてでした。

ボランティアの重要性は双方が認識しているものの、その役割を担ってもらうことには相応の大変さがあること、ボランティアにどんな研修を行うのかなどボランティアのマネジメントについても話題になりました。

2019.08.03
成果提案を実施しました。
2019.08.03
最終提案の承認を実施しました。