プロジェクト紹介

フリースクールをもっと広くに発信!パンフレット改善で、情報発信の最適化にチャレンジ!

情報発信トライアル
NPO法人ふぉーらいふ
子ども / 障害者 / 子育て支援 / 若者世代の地域参加 / 教育
垂水区

プロジェクトの概要

NPO法人ふぉーらいふは1997年にスタートし、2002年にNPO法人認証。学校へ行かない子どもたちの学び支援として、フリースクールを運営。現在は小学生から高校生15名程度の子どもたちの学習支援を行っています。(20名支援になると事業としては安定)

主な収入は、フリースクールの学費、民間や行政の助成金、ほかの事業所との委託など。2019年度4月からは常勤スタッフ3名、非常勤1名、ボランティアがおよそ10名ほどの体制。1日平均で3〜4名の見守り体制を作り、平均10名ほどの子どもたちを見ています。

当校では「子どもたちがやりたいことを聞く」ということを大事にしており、ミーティングによって声や思いを顕在化させ、具体的な体験や学習にカスタマイズすることが1つの特徴となっています。(フリースクール運営の考えは様々で、決められたプログラムで運営されるところも多くあります。)

また、地域交流を多く取り入れていることも特徴で、地域のイベントやボランティア活動に積極的に参加。一般参加するだけではなくブースを構え、子どもたちの社会体験のひとつとしています。

団体として抱える課題は以下4点があげられています。

1)パンフレットの老朽化
10年前に作成したものを使用しており、実態が伴わない部分が出てきている。また、元データもなく、印刷在庫もないのでコピー配布となっており、都度各種資料をはさみなど煩雑な状態もあります。

2)Webコンテンツの整理
ホームページ、SNS、YouTubeなどをフルに活用中。無駄が出ない運用を心がけていますが、最適化が必要と考えています。

3)業務整理
スクールの時間割特性上、勤務時間内に事務作業を行うのが困難な場合が増えており、業務効率化を図りたい。

4)運営基盤整理
勤怠管理、内部連絡網の複雑化が発生しているので、効率化を図りたいと思っています。

ブリッジチャレンジでは、パンフレットの改善提案に取り組みます。実態に伴った情報整理はもちろん、パンフレットに掲載すべき情報の吟味、対象別に資料をわける必要があるか?などについても検討、提案を行います。これに取り組むことで発信すべき情報が整理され、2)のWebコンテンツ最適化、3)の業務整理につながることを期待しています。

【成果物のイメージ】

パンフレットの改善提案(台割の作成までをイメージしています)
対象別に資料を分別した方がよいとなった際は、その場合のプランを提案

【こんな経験をお持ちの方はぜひ】

パンフレット作成経験がある方
営業および、営業資料作成経験がある方
情報整理が得意な方
デザイン経験がある方

*上記ご経験のない方でも参加大歓迎です

【プロジェクト期間】

6/8(土) キックオフ事前ミーティング
7/6(土) 中間提案
8/3(土) 最終提案
団体基本情報
団体名NPO法人ふぉーらいふ
活動開始時期 2002/平成14年4月
代表者名中林 和子
所在地 兵庫県神戸市垂水区瑞穂通7-2
ホームページhttp://www3.to/forlife