プロジェクト紹介

まなびととは?団体のメインメッセージを内なる思い、外からの視点でバージョンアップ!

ステップアップチャレンジ(2ヶ月)
中央区
特例認定NPO法人まなびと

プロジェクトの概要

まなびとは、誰もが当たり前に学ぶ気持ちを手に入れられる地域の学び場を創っている団体です。放課後のこども達の居場所づくり、学習支援教室、在住外国人の方向けの日本語教室、少人数の学童保育などを運営しています。
主に、事務局となるコアスタッフと大学生ボランティアを中心に取組みが進んでいますが、地域の学びの場、学べる場づくりには、社会人や地域住民など多様な人との関わりやパートナーシップも不可欠です。

立ち上げから4年が経過し、取組む事業の数、関わるボランティアの数も増えてきました。
この輪をさらに多様な人と共に広げて、学びの場を地域に根付くものにするため、個々の事業の先に見据える”まなびとの目指す姿”を、ステップアプチャレンジを通じて改めて、内から、外から両方の視点から見直し、次の推進力に変えて行くことを目指します。

【成果物のイメージ】

ウェブサイトの団体概要 メインメッセージの見直し

【こんな経験をお持ちの方はぜひ】

ヒアリングが得意な方
ブランディングの経験のある方
事業計画や広報の経験がある方
コミュニティづくり、居場所づくりに興味のある方

*上記ご経験のない方でも参加大歓迎です。

【プロジェクト期間】

10/14(日)〜12/16(日)までの約2ヵ月

【1WEEKトライアルの様子】

こちらからご覧いただけます。
団体基本情報
団体名特例認定NPO法人まなびと
活動開始時期 2014/平成26年12月
代表者名中山 迅一
所在地〒650-0003 兵庫県神戸市中央区山本通2丁目6-19
ホームページhttps://manabitomanabi.com/

プロジェクトの進捗

進捗率82%
最新の進捗を見る
2018.10.14

【新たな出会い、刺激し合える関係】

神戸ソーシャルブリッジ第2ステージが始まりました。今回まなびとチームに参加するメンバーは報道、IT、製薬、特許事務所、行政など、各分野で活躍する社会人たちです。前回の1WEEKトライアルから、まなびとチームに続けて参加の方が2名、前回から団体を代えて参加の方が2名、ソーシャルブリッジに始めて参加する方が2名と、とてもバランスがいいチームです。

本日のキックオフミーティングは初めてのメンバーの顔合わせをする機会ではありましたが、メンバーの積極的な姿勢から初日から議論がとても白熱しました。今回、チームが目指すのは、利用の学生・参加ボランティア・まなびとを知らない人々に対して、「まなびと」の理念や活動を効果的に伝えることです。そのため、利用者や参加ボランティアへのアンケートを通して「まなびと」の魅力の再確認、代表の中山さんのプレゼン資料のブラッシュアップ、HPの改善点などを提案する予定です。

普段あまり関わらないような多様な経験を持ったメンバーが集まり、そこからどのような相乗効果が生まれるか、2ヵ月後がとても楽しみです。

2018.10.31

【参加学生の想い】

10月中は、まなびとの活動を訪問し参加してくれている学生ボランティアへの聞き取りと、そこから提案を考える話し合いを行いました。

聞き取り調査はメンバーが分担し3日間行いました。対象は参加学生ボランティアです。彼らからは「まなびとで活動しているのは心地が良い。」「教えている立場だが、自分も変わり成長できている。」など、彼らの、まなびとでの活動内容や熱い想いを聞くことができ、代表の中山さんの想いが彼らにも伝わっていることが分かりました。

また、話し合いではまなびとへの提案のため、2時間以上も話し合いをしました。メンバーの中でも多様な意見が飛び交い、少しづつ方向性が見えてきました。まだまだ方針が決まっていませんが、引き続き、代表の中山さんとの意見交換や実際の活動現場を見学していく中で、まなびとにとって価値のある提案を考えていきたいです。