オンライン活用で地域活動も一歩前進!​Zoom操作方法・オンラインを活用した地域活動事例のご紹介

新型コロナウイルスの影響により、地域団体等では「総会が開催できない」「役員間の情報共有が難しい」といった新たな課題が出てきています。

そこで、オンラインなどの活用を「何だか難しそう」と考えている団体にとっても新たな取り組みのきっかけとなるように、2020年8月2日に、オンライン会議ツール「Zoom(ズーム)」の操作方法の説明や、オンラインを活用した地域活動の事例紹介、参加団体同士の情報交換会を開催しました。

当日のイベントの一部を、動画にて配信してます。どうぞご覧になってみてください。

 

内容

神戸市内で活動するNPO・地域団体の皆様にオススメ致します。

①オンライン会議ツールZoomの操作方法紹介

動画は、Zoomのダウンロード方法やミーティング参加時の操作方法など、以下の6つのパートに分けて説明していますので、ご関心ある内容を選んでご視聴いただけます。

その0 はじめに(神戸ソーシャルブリッジついてご紹介)
その1 Zoomとは?(Zoomの機能や活用シーンについてご紹介)
その2 Zoomダウンロード・接続テスト方法
その3 Zoom接続方法
その4 Zoomの操作方法(参加者編)
その5 Zoomの操作方法(主催者編)


②オンラインを活用した地域活動の事例紹介

「コロナ禍での地域活動」
講演者:東京都三鷹市井の頭一丁目町会長 竹上 恭子 さん

コロナ禍においても、オンラインを活用した情報発信や、地域とのつながりを絶やさないためのアイデアなど積極的な地域活動を行う東京都井の頭一丁目町会の事例紹介をご視聴いただけます。

ご視聴方法

以下のお申し込みフォームより、受け付けています。お申し込みいただいた方に、動画サイトのURLをお送りしています。

※本動画は、2020年7月時点での情報をもとに制作しています。機能・仕様は変わる可能性がありますので、最新情報はZoom公式ウェブサイトをご確認ください

※動画の公開期間は2021年3月31日までになります

お申し込みフォーム

 

神戸ソーシャルブリッジについて

「神戸ソーシャルブリッジ」とは神戸市が平成30年度より実施している、地域団体やNPOと社会貢献活動を希望する人材をつなぎ、地域や社会の課題解決に協働して取り組む活動です。

詳細については以下のページをご覧ください。

神戸ソーシャルブリッジとは?