地域とつながるローカルプロジェクト

神戸ソーシャルブリッジフォーラム

 

職場やいつものコミュニティから一歩外に出てローカルプロジェクト(=地域での社会貢献活動)を始めてみませんか?

神戸ソーシャルブリッジは、2018年から神戸のNPO・地域団体と取り組んでいるプロボノ(自身の知識や経験を用いた社会貢献活動)プロジェクトです。

今年度は新たにオンラインでのプロジェクトも始まり、様々な人が地域とつながるきっかけとなっています。

  • 何か新しいことを始めたい
  • 社会貢献をしたい
  • 新しい仲間・つながりをつくりたい
  • 自分のスキルを社外で試してみたい

といったキーワードに興味ある方のために、フォーラムを開催します。

神戸ソーシャルブリッジに参加した人の体験談やNPOとのプロジェクト事例などを紹介します。

日本全国からオンラインで参加可能です。お気軽にご参加ください。

日時

2021年2月20日(土)

開催時間

14:00〜16:00

参加方法

オンライン(Zoomを使用します)

定員

100名

対象

どなたでもご参加いただけます

参加費用

参加無料(要事前申込)

参加申込みはこちらから

 

プログラム

 

PART1 基調講演

「地域とつながるプロボノ~豊かな暮らし・キャリアをつくる関係人口~」

コロナ禍を背景に暮らし方や新たなキャリアについて考えた人も多いのではないでしょうか。

また、対面で会うことが制約される中、どのように地域とつながっていけばよいのか。

神戸ソーシャルブリッジが取り組んできた「プロボノ」をテーマに、「関係人口」の提唱者でもあるローカル・ジャーナリスト田中輝美氏をお招きし、ご講演いただきます。

関係人口=地域に関わる多様な人々、仲間が増えていくことによって、個人のキャリアやまちづくりに“何をもたらすのか”についてお話しいただきます。


登壇者プロフィール

ローカル・ジャーナリスト
田中輝美 氏

島根県浜田市出身。大阪大学文学部卒業後、山陰中央新報社に入社し、ふるさとで働く喜びに目覚める。2014年秋、同社を退職して独立、変わらず島根を拠点に、地域のニュースを記録、発信している。著書に『関係人口をつくる』(木楽舎)、共著に『みんなでつくる中国山地』(中国山地編集舎)など。2020年、大阪大学大学院人間科学研究科で関係人口をテーマに研究し、博士(人間科学)を取得。


PART2 神戸ソーシャルブリッジ経験者トーク

神戸ソーシャルブリッジに参加した方々から、参加したきっかけやプロジェクトの事例紹介など。学び・気づき・わくわくポイントをお話しします。


PART3 神戸のNPO等による地域・社会課題クローズアップ

身近に起きているけれど、実は詳しく知らない地域・社会課題。
神戸ソーシャルブリッジに参加した団体が、自身が取り組む課題や取り組みの内容についてお話します。また、神戸ソーシャルブリッジで取り組んだプロジェクト内容も紹介します。


参加申込みはこちらから